防火設備用ガラス「ファイアライト」建築用の耐熱ガラスの販売

網入りガラスの代わりに使える防火設備用ガラス

従来の防火設備用ガラス「網入りガラス」は、防火地域に定められた地域や建物で必要なガラスでしたが、ファイアライトも同様のガラスですが、網がない為視界が良好なガラスです。ネオセラムと耐熱温度は同じですが、大きなサイズに対応しているのも特徴です。

電話でのお問合せは 0776-58-2229 まで♪

ファイアライト(700℃タイプ)

大きいサイズに対応した建築用の耐熱ガラス

ファイアライトはネオセラム同様、最高使用温度が700℃と高い耐熱性能を持った耐熱ガラスですが、最大サイズが90cm×240cmと大きく、建築用として使える耐熱ガラスです。
防火地域に指定された地域や建物では、防火設備用ガラスとして網入りガラスが使われることが多いですが、ファイアライトは防火設備用のがらすとして使えますが、網がないために視界や見栄えが良好です。

薪ストーブにも利用が可能です!

薪ストーブのガラスといえばネオセラムというのが一般的ですが、ネオセラムは最大サイズが60×80cmと小さい為に、大きなのぞき窓の薪ストーブには利用が出来ません。 また、ファイアライトはネオセラムと同等の耐熱性能を持ちますが、価格が若干安価な為、薪ストーブのガラスとして利用されることの多い耐熱ガラスです。

【耐熱温度】
※1最高使用温度700℃ ※2常温使用温度600℃
【ご利用シーン】
防火地域の建物の窓ガラス 薪ストーブや窯などの覗き窓のガラス
【ガラスの色】
あめ色(茶)
【製作可能厚み】
5mm,8mm (※33mm,4mm)
【製作最大サイズ】
90cm×240cm
※1
最高使用温度は、短時間のみ使用できる温度です
※2
常用使用温度は、連続して使用することが出来る温度です
※3
3mm,4mmはネオセラムで対応可能です
ファイアライト(700℃タイプ)5mm 参考価格
〜20cm 〜90cm 〜180cm
〜10cm 通常3,580円
〜2,500円(税別)
通常13,000円
〜9,100円(税別)
通常25,860円
〜18,100円(税別)
〜50cm 通常15,000円
〜10,500円(税別)
通常64,580円
〜45,200円(税別)
通常129,000円
〜90,300円(税別)
〜90cm 通常25,860円
〜18,100円(税別)
通常116,150円
〜81,300円(税別)
通常232,150円
〜162,500円(税別)

※45.5cmなどの細かいサイズもっと大きいサイズも可能です。
複数枚で更にお安く! 枚数に応じて安くなります、お見積・ご相談下さい。

電話でのお見積りやご注文もお気軽にどうぞ!

安心してガラスが買える「3つの保証」について

当社の「全てのガラス」に「3つの安心保証」をお付けしています!

当社ではお客様に安心してガラスをご購入いただけるよう、当社の扱う全てのガラスに3つの保証をお付けしています。

耐熱ガラス【ファイアライト】 Q&A

ネオセラムとファイアライトのどちらを選べばいいか分かりません

特に「ネオセラム」という指定が無い場合は、価格の安いファイアライトを使われることをお勧めします。ファイアライトはネオセラムと耐熱性能は同じですので、薪ストーブの覗き窓のガラスや窯の覗き窓としてもご使用いただけます。ただ、ネオセラムとファイアライトはガラス厚みとラインナップが「ネオセラム:3mm,4mm,5mm」「ファイアライト:5mm,8mm」と異なりますので、必然的に5mm厚以上ならファイアライト、4mm厚以下ならネオセラムを選ぶことになります。記載の通り、最大サイズも異なりますので、詳しくは当社スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

ネオセラムとファイアライトの比較表
ネオセラム ファイアライト
メーカー 日本電気硝子
耐熱温度 ※1最高使用温度700℃ ※2常温使用温度600℃
使用用途 ストーブや窯などの覗き窓 ストーブや窯などの覗き窓
防火設備用(建築用)
厚みの種類 3mm,4mm,5mm 5mm,8mm
最大サイズ 60cm×80cm 90cm×240cm
あめ色
価格 同じ5mm厚の同サイズならファイアライトが安い
※1
最高使用温度は、短時間のみ使用できる温度です
※2
常用使用温度は、連続して使用することが出来る温度です

「ファイアライト」はどんな色をしているの?

通常のガラスは青み(緑)がかった透明ですが、「ファイアライト」は、左の写真のように、あめ色(茶)です。


耐熱ガラス【ファイアライト】(写真左)と、通常のガラスの色を比べてみました。白い紙上では、色が濃く見えますが、透かしてみてみればこのぐらいの違いです。

「ファイアライト」は自分で切断できますか?

「ファイアライト」はガラスカッターという道具を使って、ご自分で切断することが可能ですが、たいへん高価なガラスです。オーダーメードで購入されることをお勧めいたします。

「ファイアライト」は水で急激に冷やしても割れませんか?

耐熱ガラスでも急激な温度変化には耐えることが出来ません。どのくらいの温度変化なら大丈夫か示す温度を耐熱衝撃温度といいます。 耐熱衝撃温度とは表の温度から0℃に急冷した場合に割れずにすむと考えられる数値です。 ガラスは熱伝導率が低い(熱が伝わりにくい)ため、板厚が熱くなるほど表面と内部の温度差が生じて割れやすくなります。 なお、「ファイアライト」は熱膨張係数が限りなく0に近いため、熱衝撃による割れに非常に強いです。 但し、700℃を越えるとガラスが変質してきます。

最高使用温度と常用使用温度の違いはなんですか?

最高使用温度とは短い時間に限り使用できる温度を指します。
それに対して常用使用温度とは、長時間連続して使用する場合の温度を指します。

耐熱ガラスの寸法公差(サイズの誤差)はどれくらいですか?

ご指定が無い場合、寸法公差(サイズの誤差)は±1ミリとなります。※厚みや耐熱ガラスの種類によって変わる場合がございます。
指定のサイズより大きくなると困る場合は+0ミリ指定(+0mm〜-2mm)、小さくなると困る場合は-0ミリ指定(-0mm〜+2mm)なども可能です。
耐熱ガラスの種類や厚みによっては、±1ミリよりも少ない範囲での公差(サイズの誤差)も可能な場合もございます。ご希望の場合はお申し付けください。

電話でのご質問やお問合せもお気軽にどうぞ!

その他の耐熱ガラスはこちら

強化ガラス テンパックス テンパックス強化
強化ガラス(200℃タイプ) テンパックス(500℃タイプ) テンパックス強化(290℃タイプ)
キッチン周り等の直接火が当たらない場所はこのガラス
998円(税別)〜
かるく火が当たる場所や
ハロゲン等の照明のガラスに
5,200円(税別)〜
機械の覗き窓や、火を使う店舗の間仕切りに(強度が高い)
9,900円(税別)〜
ネオセラム ファイアライト 石英ガラス
ネオセラム(700℃タイプ) ファイアライト(700℃タイプ) 石英ガラス(1000℃タイプ)
薪ストーブの覗き窓にお薦め
700℃超高温タイプ
4,200円(税別)〜
建築などに使われる大きいサイズと厚みに対応した耐熱ガラス
2,500円(税別)〜
現時点の最高温度対応ガラス
加工がしやすいのも特徴
14,490円(税別)〜
バイコール
バイコール(1200℃タイプ)
最高使用温度が1200℃の
最強の耐熱ガラス
メーカー製造中止

耐熱ガラス「ファイアライト」の製作事例

B建具 H様 薪ストーブのぞき窓 M工房様 薪ストーブの扉
【形状・サイズ】
342×248mm(四角形)
【切断面】
糸面取り(ランクC)
【形状・サイズ】
355×275mm(四角形)
 
350×524mm(四角形)
【切断面】
糸面取り(ランクC)
薪ストーブの覗き窓
【形状・サイズ】
370×215mm(四角形)
【切断面】
糸面取り(ランクC)