テンパックス(TEMPAX)耐熱ガラスの加工・販売の専門サイト「耐熱ガラス.COM」

大きなサイズのテンパックスも対応出来ます♪

耐熱温度が最高使用温度500℃と高く、透明で大きなサイズが出来るのはテンパックスだけ♪お客様のご使用方法にテンパックスが向いているか専門スタッフが判断させていただきますので、お気軽にお問い合わせください♪

電話でのお問合せは 0776-58-2229 まで♪

テンパックス(500℃タイプ)

飲食店の焼き場や照明のガラスはコレ!!

耐熱硝子(テンパックス)はドイツの特殊ガラスメーカー(ショット社)のホウケイ酸耐熱ガラスで、最高使用温度500℃、常温使用温度450℃です。 色がほぼ無色透明の為、ハロゲンランプ等高熱の照明器具の表面のガラスによく用いられます。 また、製作可能サイズが大きいため、飲食店の焼き場にも良く利用されます。 ※飲食店の焼き場でも炭火を使う場合は温度が500℃を超えますので、一つ上のタイプ(ネオセラム700℃タイプ)をお薦め致します。
テンパックスは輸入ガラスですが、当社では日本で在庫し、カットしてお客様にお好きなサイズで短納期、安価な価格で販売することが可能になりました。

【耐熱温度】
※1最高使用温度500℃ ※2常温使用温度450℃
【耐衝撃温度】
※3耐衝撃温度175℃(5mm)
【ご利用シーン】
飲食店の焼き場のガラス 照明器具の表面のガラス
【ガラスの色】
ほぼ無色透明
【製作可能厚み】
0.7〜20mm(全15種類)※下記に別表記載
【製作最大サイズ】
厚み 5mm,8mm:170cm×230cm
その他の厚み:85cm×115cm

※1 最高使用温度は、短時間のみ使用できる温度です
※2 常用使用温度は、連続して使用することが出来る温度です
※3 耐衝撃温度175℃とは、175℃から0℃に急激に冷却しても割れない温度です

テンパックス(500℃タイプ)5mm 参考価格
〜20cm 〜90cm 〜180cm
〜30cm 通常6,100円
〜5,200円(税別)
通常20,000円
〜17,200円(税別)
通常34,200円
〜27,600円(税別)
〜60cm 通常10,700円
〜8,900円(税別)
通常34,200円
〜27,600円(税別)
通常60,100円
〜43,200円(税別)
〜90cm 通常13,500円
〜12,000円(税別)
通常52,000円
〜37,000円(税別)
通常106,240円
〜64,800円(税別)

※45.5cmなどの細かいサイズもっと大きいサイズも可能です。
複数枚で更にお安く! 枚数に応じて安くなります、お見積・ご相談下さい。

電話でのお見積りやご注文もお気軽にどうぞ!

耐熱ガラス(テンパックス)のサイズ一覧表

テンパックスは、厚みにより許容差(公差)と製作可能なサイズが異なります。
※当社の板ガラスの厚みは、JIS規定の範囲内で生産管理されております。

厚み 許容差(公差) 製作可能サイズ
0.7mm ±0.1mm 85cm×115cmまで
1.1mm ±0.1mm 85cm×115cmまで
1.75mm ±0.2mm 85cm×115cmまで
2.0mm ±0.2mm 85cm×115cmまで
2.75mm ±0.2mm 85cm×115cmまで
3.3mm ±0.2mm 85cm×115cmまで
3.8mm ±0.2mm 85cm×115cmまで
5.0mm ±0.2mm 170cm×230cmまで
6.5mm ±0.2mm 85cm×115cmまで
8.0mm ±0.3mm 170cm×230cmまで
10.2mm ±0.3mm 85cm×115cmまで
12.2mm ±0.3mm 85cm×115cmまで
13.0mm ±0.3mm 85cm×115cmまで
15.0mm ±0.3mm 85cm×115cmまで
20.0mm ±0.3mm 85cm×115cmまで

安心してガラスが買える「3つの保証」について

当社の「全てのガラス」に「3つの安心保証」をお付けしています!

当社ではお客様に安心してガラスをご購入いただけるよう、当社の扱う全てのガラスに3つの保証をお付けしています。

耐熱ガラス【テンパックス】 Q&A

耐熱ガラス(テンパックス)はどんな色をしているの?

通常のガラスは青み(緑)がかった透明ですが、テンパックスは、右下の写真のように、ほぼ無色透明です。

通常のガラス
緑がかった透明
テンパックス
ほぼ無色透明

テンパックスは自分で切断できますか?

テンパックスはガラスカッターという道具を使って、ご自分で切断することが可能ですが、たいへん高価なガラスです。オーダーメードで購入されることをお勧めいたします。

テンパックスは薪ストーブの覗き窓に利用出来ますか?

薪ストーブにテンパックスを使われる方もいらっしゃますが、空気を送る量や、薪の状況などで激しく温度が変化します。まれに、テンパックス(500℃タイプ)を薪ストーブに使われた方が熱割れしたケースがありますので、薪ストーブの覗き窓に使われる場合はネオセラム700℃タイプ をお薦めします。

耐熱ガラス(テンパックス)は水で急激に冷やしても割れませんか?

耐熱ガラスでも急激な温度変化には耐えることが出来ません。どのくらいの温度変化なら大丈夫か示す温度を耐熱衝撃温度といいます。 耐熱衝撃温度とは表の温度から0℃に急冷した場合に割れずにすむと考えられる数値です。 ガラスは熱伝導率が低い(熱が伝わりにくい)ため、板厚が熱くなるほど表面と内部の温度差が生じて割れやすくなります。 なお、ネオセラムは熱膨張係数が限りなく0に近いため、熱衝撃による割れに非常に強いです。 但し、700℃を越えるとガラスが変質してきます。

耐熱ガラス(テンパックス)は強化加工できますか?

テンパックス強化ガラスがあります。テンパックスは、強化加工することで最高使用温度が500℃から290℃と下がりますが、耐熱衝撃温度は若干上がりますので急激な温度変化などに強くなります。

テンパックスの透過率はどのくらいですか?

テンパックス透過率 透過率とは、光全体に対して、ガラスを透す(透過)光の率のことをいいます。
右図は、各、波長の光(UV域)を当てた際に、テンパックスがどれだけ光を透過したかを表した表です。

キッチンにガラスを立てたいのですが金物はありませんか?

当社の姉妹サイト「ガラスのホームセンター ギヤマン」にて、二種類の金物を扱っております。金物一覧ページ
当サイトでも取り扱いできますので、お気軽にお問い合わせください♪

最高使用温度と常用使用温度の違いはなんですか?

最高使用温度とは短い時間に限り使用できる温度を指します。
それに対して常用使用温度とは、長時間連続して使用する場合の温度を指します。

耐熱ガラスの寸法公差(サイズの誤差)はどれくらいですか?

ご指定が無い場合、寸法公差(サイズの誤差)は±1ミリとなります。※厚みや耐熱ガラスの種類によって変わる場合がございます。
指定のサイズより大きくなると困る場合は+0ミリ指定(+0mm〜-2mm)、小さくなると困る場合は-0ミリ指定(-0mm〜+2mm)なども可能です。
耐熱ガラスの種類や厚みによっては、±1ミリよりも少ない範囲での公差(サイズの誤差)も可能な場合もございます。ご希望の場合はお申し付けください。

電話でのご質問やお問合せもお気軽にどうぞ!

その他の耐熱ガラスはこちら

強化ガラス テンパックス テンパックス強化
強化ガラス(200℃タイプ) テンパックス(500℃タイプ) テンパックス強化(290℃タイプ)
キッチン周り等の直接火が当たらない場所はこのガラス
998円(税別)〜
かるく火が当たる場所や
ハロゲン等の照明のガラスに
5,200円(税別)〜
機械の覗き窓や、火を使う店舗の間仕切りに(強度が高い)
9,900円(税別)〜
ネオセラム ファイアライト 石英ガラス
ネオセラム(700℃タイプ) ファイアライト(700℃タイプ) 石英ガラス(1000℃タイプ)
薪ストーブの覗き窓にお薦め
700℃超高温タイプ
4,200円(税別)〜
建築などに使われる大きいサイズと厚みに対応した耐熱ガラス
2,500円(税別)〜
現時点の最高温度対応ガラス
加工がしやすいのも特徴
14,490円(税別)〜
バイコール
バイコール(1200℃タイプ)
最高使用温度が1200℃の
最強の耐熱ガラス
メーカー製造中止